So-net無料ブログ作成






人によって見ている世界が違う [固定観念を手放す話]

もくじ




ここに半分が赤で、半分が青のボールがあります。

赤青.jpg



片側からAさんが

もう片方からBさんがボールを見たとします。


赤青2.jpg

沖月の絵へっただなオイ。

というツッコミは聞かなかったことにして(笑)



「このボールは何色ですか?」と2人に質問します。




するとAさんは

赤です」と答えます。



Aさん.jpg



Bさんは

青です」と答えます。



Bsann.jpg



ここでケンカが始まります。



Aさん「何言ってるの?このボールは赤でしょ」

Bさん「いやいやいや、絶対青だよ」





どちらも言っている事は正解です。





見ている世界が違うだけ。





ちょっと視点を変えてみれば

あぁ、あなたの方からはそう見えていたのね」と気付くことができます。





「絶対に赤だ!」

「この世界には青しかない!」

「私の言っている事が正しい!」




と、主張するのもいいでしょう。

それは確かに正解だから。





ただ、人の数だけ世界があるということを覚えておくと、

誰かと意見が分かれた時に

ちょっと余裕をもって考えられるかもしれません。






だけの世界なんてつまらないから、

色んな色があって良よね!」






あなたの世界は何色ですか?






スポンサーリンク









「地球は青かった・・・」

「でもよく見ると白とか緑とか茶色もあるよね」

「もっと拡大したらもっと色んな色があるよ」




世界の色彩発見者に愛を込めて♡

沖月沖月ルナ


もくじ